トップページ | グループホーム学会(障害者) »

2004/02/26

ウェブログ・サイト オープン

はじめまして。
当サイト開設者の「まろくん」と申します。
そのまま親しみを込めて(笑)「まろくん」と呼んでくださいネ。「さん」付けは無用ですョ。

さて。
私は昭和63年度から平成14年度まで15年間、地元の社会福祉法人(知的障害者施設)の職員として働いてきました。
まぁ、長年同じ所で働いていると正直言ってダレてきますし、一方で、福祉施設独特の閉鎖性みたいなものにもどうも目が行ってしまって、何やら燃え尽きてしまいました…。

実は、私は聴覚障害者です。
むずかしい言い回しをすると「中途障害者」と言うんですけど、要するに、ある日を境に健常者(「障害者」ではない、一般の人のことをこう言います。あんまり好きな言い方じゃあないなぁ…。)から障害者になってしまいました(生まれつきの聴覚障害ではありません)。

いままで、障害者に仕事でかかわると同時に、障害者本人としても「障害者福祉」を見つめてきました。
まぁ、それ以前に、「障害者として生活する」ことはいろいろ制約が多いなぁ、って痛感させられましたけれども。
また、「なんだかなー?」といった感じで、福祉行政・制度の矛盾などにも気づかされたりしました。

制度を知らなければ、もっともっと制約にしばられていたでしょうねぇ。
幸いにして、いままでのニフティには、情報発信・情報交換や交流を目的とした、障害者のためのスペースがありました。障害者フォーラム(FHAND)や障害児教育フォーラム(FEDHAN)などです。
私は、そんな場で出会った仲間に支えられて、少しずつ制約が解かれてゆきました。いろいろと勉強させていただいたり…。
ところが、時代の流れと言いますか、フォーラムがどんどん縮小・閉鎖され、この春にはとうとう、最大のスペースだったFHANDがなくなります。とても残念なことですね…。

そんなわけで、「1つの試み」として、障害福祉に関する「情報発信・情報交換や交流の場」を、ここに設けてみることにしました。
まぁ、続けられるかどうかはいまは何とも言えませんけれど(苦笑)、開設したからには少しでもお役に立てればいいなーと思っております。

今後、どうぞよろしくお願いしますね。

|

トップページ | グループホーム学会(障害者) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。