« 感音性難聴と伝音性難聴(2) | トップページ | JR旅客運賃割引制度 »

2004/03/09

タダでハガキ20枚がもらえる!

あまり広く知られていないようですけれど、重度の身体障害者・重度の知的障害者は、日本郵政公社からタダでハガキ20枚をもらうことができます。

このハガキは、名付けて「青い鳥郵便葉書」。青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に「窪み入り通常郵便葉書」が入っています。
配布の対象は、重度の身体障害者(1級又は2級の人)および重度の知的障害者(療育手帳に「A」(又は1度、2度)と表記されている人)で、4月1日(木)から5月31日(月)まで郵便局で受け付けます。
ちなみに、郵政省、郵政事業庁時代も、毎年この時期に「青い鳥郵便葉書」の配布が行なわれていました。

このハガキの配布を希望する人は、住所地の郵便局に身体障害者手帳又は療育手帳を呈示して、所定の用紙(PDFファイル(注:万一エラーメッセージが出る場合は、ブラウザから直接PDFファイルを見ようとせず、いったんダウンロードしてから開いて下さい。))に必要事項を記入する必要があります(代理の人でもOK。)。
所定の用紙(注:上記のPDFファイルを印刷して、そのまま使用できます)は、郵便局、福祉事務所、児童相談所の窓口にあります。
また、郵便によっても配布を申し込むことができます。
この場合は、所定の用紙(又は、必要事項を記入し、「青い鳥郵便葉書配布申込書」と明記したた適宜な用紙)に必要事項(手帳の種類、手帳番号、障害程度又は級、住所、氏名)を記入して、住所地の郵便局へ郵送して下さい。

実際の配布が始まるのは、4月20日(火)以降です。
住所地を受け持つ集配郵便局に4月20日(火)以降に直接申し込んだ場合は、その場で手渡されます。
一方、それ以前に申し込んだ場合、および郵便による申し込みをした場合は、4月20日(火)以降に住所地を受け持つ集配郵便局から配達されます。

ところで。
「窪み入り通常郵便葉書」の存在も、ほとんど知られていないようです。
このハガキでは、ハガキの上下・表裏がわかるように、表側左下の一部に半円形の窪みが入っています。もちろん市販されていまして、全国の郵便局で買い求めることができますよ。

最近、ハガキや封書を使うことはめっきり減りました。年賀状ぐらいですかねぇ…。
とは言っても、手書きのハガキや封書をもらうと、何かけっこううれしくなっちゃいます。わがままですね(苦笑)。

|

« 感音性難聴と伝音性難聴(2) | トップページ | JR旅客運賃割引制度 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。