« 身体・知的・精神の3施策を一本化~障害福祉サービス法 | トップページ | 障害者施策改革試案 »

2004/10/24

新潟県中越地震(1)

きのう(10月23日)夜6時直前、新潟県小千谷市周辺を震源とする、M6.8の「新潟県中越地震」が起きましたね。
小千谷市では震度6強を観測したそうですが、こちら東京でも、かなり強い揺れを感じました。

つい最近、小千谷市在住の全ろうの著名な肖像画家・和田仰陽さん(しゃろおむ(妻)の高校時代の同級生のお父上)に、両親の肖像画(両親の古稀のお祝いにプレゼントしようと思っているもの)を2年かがりで描いていただいたのですが、今回の地震にびっくりして、さっそく連絡を取ってみました。
しかし、固定電話からはつながらず…。
ケータイメール(Vodafone → EzWeb)で、かろうじて連絡を取ることができました。

幸いにして、和田さんご一家は無事で、私としゃろおむはホッとしましたが、家やアトリエはめちゃくちゃ、とのこと。
和田さんの娘さん(しゃろおむの同級生)のお話によると、ライフラインがほぼ完全に遮断されてしまったそうです。
電話、ガス、水道、交通機関がすべてアウト。大半の人が、避難所に指定された小中学校や公民館などに避難しているそうですが、日用品や食料品、医療用具、薬品が不足しているとのことです。
また、的確な情報が入って来ず、住民の不安が相当高まっている、とのお話でした。

阪神・淡路大震災のときにも指摘されましたが、聴覚障害者は、情報がほぼ完全に遮断されてしまうことによって、災害に遭ったときに取り残されてしまう可能性が非常に高い存在です。
和田さんのお宅も、お父上と奥さまが重度聴覚障害者。娘さんは健聴者(手話通訳者として活動しておられます)ですが、当然のことながら「常に家族と一緒」というわけではないですから、今度の地震では、非常に不安が大きかったことと思います。

今年は、立て続けの超大型台風の上陸&来襲をはじめ、甚大な自然災害が特に目立ちますね。
あらためて、自然の持つ大きな力(「怖さ」と言い替えたほうが良いかもしれません。)を思い知らされます。

余談ですが、私の父方の実家が新潟県十日町市。
現在、連絡が全く取れない状況で、親戚一同、非常に心配しています。無事ならば幸いなのですが…。

心ならずも被災されてしまった方々には、心からお見舞い申し上げます。
余震や2次災害がたいへん憂慮されますが、どうぞご無事で!

|

« 身体・知的・精神の3施策を一本化~障害福祉サービス法 | トップページ | 障害者施策改革試案 »

コメント

こんにちは。ご無沙汰しております。
ご親戚とはご連絡が取れたでしょうか?私の親戚もなかなか連絡が取れず、23日の晩は心配な夜を過ごしたので、心中お察しします。

前回の集中豪雨のときも、スピーカーからの避難の声が聞こえずに逃げ遅れて、犠牲になった方がいらっしゃいましたよね。災害弱者のための避難方法などを行政側に作成してほしいと思います。

投稿: じまぁ | 2004/10/25 10:55

こんにちは!ご無沙汰しております。

友人(国リハ時代の)が新潟市・豊栄市・長岡市にいます。
安否を心配しています。
車いすや片麻痺なので、逃げるときも避難してからの日常も、心配でなりません。
何もできない自分自身に、ふがいなさを感じています。
私が住んでいる福島県でも地震が続いていますが、新潟のことを思うと、不平・不満は言えません。

投稿: u-ron | 2004/10/26 12:44

滋賀県彦根市在住の中2の自閉症の息子の母です。
被災地の方々の心中、お察し申し上げます。
報道でしかわからない現状。実際はもっと被害が大きいと感じています。
特に、重度の障害者の方々はどうしていらっしゃるのでしょう?
やはり、避難場所は体育館では無理なんでしょうか?
福祉サービスは動いてますか?
どなたか情報をお待ちしております。

投稿: 志小田 久美子 | 2004/10/30 00:31

【避難所で手話教室】

みなさんはじめまして。
私は今回の地震で被災地の方に住んでおります、しとしとぴっちゃんと申します。
和田さんの娘さんとも一、二度お会いしたことがあります。パワフルな方ですね(^^)。

さて、にいがた聴覚障害者支援研究会のWeblogでは、新潟県中越地震の聴覚障害関係の情報を掲載しております。

にいがた聴覚障害者支援研究会
http://suumei.cocolog-nifty.com/

最近のトピックでは、避難所で手話教室を始めたという記事が載っています。
ぜひご覧ください。

投稿: しとしとぴっちゃん | 2004/11/05 16:06

はじめまして。
和田さんのことが書いてありましたので、トラックバックさせていただきました。

私の知り合いにも小千谷出身の方が多数いらっしゃって、心配しています。
「ゲリラ奉仕」と称するボランティア活動を行う友人もいます。
私は、実家を心配する友人を励ますのが精一杯です。

被災者の方々が、何を求めていらっしゃるのかを知ることができれば、もっと動けると思います。
災害は、他人事ではありません。
みんなで一緒に乗り越えられれば、ちょっとでも楽にならないかなぁって思ってます。

投稿: ぁぃ | 2004/11/06 21:01

この記事へのコメントは終了しました。

« 身体・知的・精神の3施策を一本化~障害福祉サービス法 | トップページ | 障害者施策改革試案 »