« 障害者自立支援法(案)廃案? | トップページ | 衆議院解散~障害者自立支援法(案)廃案後 »

2005/08/08

障害者自立支援法(案)~衆議院解散により廃案

郵政民営化関連6法案が参議院本会議で否決されたことを受け、午後7時過ぎ、衆議院が解散された。
解散に伴う衆議院議員総選挙は、8月30日に公示され、9月11日に投票が行なわれる。

解散直前に「継続審議」が決まっていた障害者自立支援法(案)は、廃案となった。
厚生労働省は、障害者自立支援法の成立を前提として来年度予算の編成作業に取りかかっていたが、廃案となったため、来年度(平成18年度)の障害者福祉施策に係る予算(特に「在宅福祉サービス」)の絶対的不足が必至。重大な影響が懸念される。
おそらく、秋の臨時国会に法案が再提出されることになると思うが、さらなる混乱は避けられそうもない。

総選挙によって、政権担当政党が自民党から民主党に移る可能性が強い、と言われている。
もしも民主党が現在の野党からいよいよ与党へ、ということになったのなら、はたして障害者福祉は変わるだろうか? ほんとうに障害者の立場に立った「自立支援」を考えてくれるか?
いずれにしても、「総選挙」というチャンスを与えられた以上、障害者ひとりひとりが各党の障害者政策方針をじっくりと見きわめ、今度こそ、「障害者の切実な願いを心から理解し、実行に移してくれる政治家」を選びたいものだ。

|

« 障害者自立支援法(案)廃案? | トップページ | 衆議院解散~障害者自立支援法(案)廃案後 »

コメント

障害者自立支援法や共謀罪新設といった、生存権や精神・表現の自由を脅かす法案について検索をかけていたところ、ヒットしたので、訪問させていただきました。

8/8には、郵政民営化法案と一緒にこれらの法案も廃案になって一安心でしたが、翌8/9には内閣支持率が急激に上昇しているというとんでもないニュースがありました。郵政民営化法案とともに、これらの法案も再提出になって、今度こそ成立してしまうかもしれないです。

このような事態を防ぎ、霞ヶ関の官庁前で「NO!」を叫んでくれた人たちの気持ちを無にしないためにも、今度は私たちが9/11(期日前投票を使えば9/1から投票可)の選挙に行って投票することで、意思表示する番になります。

投稿: ほえっほええ | 2005/08/10 21:09

初めまして!「@技術者求む」のコヤタと申します ^^
介護ブログ検索でやってきました~ ^^
更新、楽しみにしておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。また、リンクお願いできたら嬉しいです <(_ _)>
http://koyata.seesaa.net/

投稿: コヤタ | 2006/01/13 13:58

この記事へのコメントは終了しました。

« 障害者自立支援法(案)廃案? | トップページ | 衆議院解散~障害者自立支援法(案)廃案後 »