« ココログに重大障害が発生 | トップページ | 障害者自立支援法 資料(5) »

2006/03/11

3月13日~15日、障害者自立支援法の相談窓口を開設

身体・知的・精神の種別を問わず障害者施策を一元化する「障害者自立支援法」の4月1日からの施行を前に、日本身体障害者団体連合会全日本手をつなぐ育成会全国精神障害者家族会連合会の当事者団体が、3月13日から15日までの3日間、合同で相談窓口を設置します。

この相談窓口は、障害者自立支援法の施行に伴う新たな制度への疑問や不安などに答えることを目的としたもの。
意外なことに、上記の3障害者団体がともに相談事業を行なうのは「これが初めて」とのことです。

正直なところ、やや遅きに失した感も否定できません。
ただ、本来ならば、厚生労働省が先頭を切ってもっと積極的に、わかりやすい周知・広報・相談事業に努めなければならないはず。
しかし、それがなされていない以上、当事者団体自らがこのような事業を行なわざるを得ないわけですよね?
あいかわらずですが、厚生労働省がなかなか市民の視点に立てない(立とうとしない)というところに、市民の感覚との乖離(かけ離れていること)を感じます。

相談受付は、3月13日(月)から15日(水)午前10時~正午と、同じく午後1時~3時
電話 03-3954-8806、および FAX 03-3954-8813 で受け付けます。


【 日本身体障害者団体連合会 加盟団体 】

全日本難聴者・中途失聴者団体連合会  日本オストミー協会
北海道身体障害者福祉協会  札幌市身体障害者福祉協会
青森県身体障害者福祉団体連合会  岩手県身体障害者福祉協会
仙台市身体障害者福祉協会  宮城県身体障害者福祉協会
秋田県身体障害者福祉協会  山形県身体障害者福祉協会
福島県身体障害者福祉協会  茨城県身体障害者福祉団体連合会
栃木県身体障害者福祉会連合会  群馬県身体障害者福祉団体連合会
さいたま市身体障害者福祉協会  埼玉県身体障害者福祉協会
千葉市身体障害者福祉団体連合会  千葉県身体障害者福祉協会
東京都身体障害者団体連合会  川崎市身体障害者協会
神奈川県身体障害者連合会  横浜市身体障害者団体連合会
新潟県身体障害者団体連合会  富山県身体障害者福祉協会
石川県身体障害者団体連合会  福井県身体障害者福祉連合会
山梨県障害者福祉協会  長野県身体障害者福祉協会
岐阜県身体障害者福祉協会  静岡県身体障害者福祉会
愛知県身体障害者福祉団体連合会  名古屋市身体障害者福祉連合会
三重県身体障害者福祉連合会  滋賀県身体障害者福祉協会
京都府身体障害者団体連合会  京都市身体障害者団体連合会
大阪市身体障害者団体協議会  大阪府身体障害者福祉協会
神戸市身体障害者団体連合会  兵庫県身体障害者福祉協会
奈良県身体障害者福祉協会連合会  和歌山県身体障害者連盟
鳥取県身体障害者福祉協会  島根県身体障害者団体連合会
岡山県身体障害者福祉連合会  広島市身体障害者福祉団体連合会
広島県身体障害者団体連合会  山口県身体障害者団体連合会
徳島県身体障害者連合会  香川県身体障害者協会
愛媛県身体障害者団体連合会  高知県身体障害者連合会
北九州市身体障害者福祉協会  福岡市身体障害者福祉協会
福岡県身体障害者福祉協会  佐賀県身体障害者団体連合会
長崎県身体障害者福祉協会連合会  熊本県身体障害者福祉団体連合会
大分県身体障害者福祉協会  宮崎県身体障害者団体連合会
鹿児島県身体障害者福祉協会  沖縄県身体障害者福祉協会

|

« ココログに重大障害が発生 | トップページ | 障害者自立支援法 資料(5) »

コメント

情報をまとめた上で掲載して下さるので助かります。ウチの掲示板でも紹介しなければ…。

投稿: 鼻まゆげ | 2006/03/11 23:18

私は、1種3級の難聴者です。
本日、補聴器の不具合につき、兵庫県西宮市福祉事務所の地域担当者に、要約筆記者&要約筆記&筆談をお願いしました。
要約筆記者はいない、との返事でしたが、口頭で言われ、あとでその旨を小さなメモ用紙に記載されました。
本題の質問に対しても筆談を使用されませんでしたので、筆談はしていただけないのかと伺うと、嫌々、誠意の無い筆談をされて、回答の意味が不明です。
相づちを打ちますと、聞こえているではないか、と言われました。
難聴者でも、口の動きで多少は読み取ることは可能です。
このような公務員の応対に対しての相談窓口はありませんか?
お伺いいたします。

投稿: yama711 | 2009/05/29 14:54

yama711さん。
率直に申し上げることをお許しいただくと、こういったことは、行政苦情対応窓口(市区町村役場で直接お尋ね下さい。たいてい設けられています。)に苦情を申し立てる以前の問題ではないでしょうか?
その場で、担当者に強く抗議すれば良いのではありませんか?

その担当者にこそ原因があったわけで、すべての公務員がそうであるわけではないでしょう?

1人の公務員の対応が悪かっただけで「すべての公務員がそうだ」「だから、苦情を行政窓口に‥‥」と思っていらっしゃるのだとしたら、はっきり申し上げて、それは少し筋違いだと思いますよ。

何よりも、その場ですぐに苦情を言うべきです。
そうしなければ、伝わるものも伝わらないと思います。

要約筆記者や手話通訳者などが行政窓口に常駐している、ということは、むしろ稀です。
であるならば、最初から「筆談で」とお願いし、かつ、「口の動きを読み取っておおよそは理解できるかもしれないが、間違いや行き違いを防ぐために筆談していただくことがどうしても必要だ」と強調すれば良いのです。

正直申し上げて、「自分であらかじめ一定の準備をしておく」ということは、どうしても必要になってくると思います。
と同時に、できること・できないことを、最初にしっかりと強調して伝えて、「何を何々されなかったら、どのように自分が困ってしまうのか」ということも、そのときにきちんと伝えるべきです。

筆談そのものしかり。そして、筆談で伝えてもらうべき内容しかり。
さらに、伝えられた内容が不明確であれば、そこで適当な相づちなど打たずに、とことん聞いてみれば済むことでしょう?

そのような努力が不十分であったのにもかかわらず、あとからああだこうだと不満を述べるやり方は、私には賛成できません。
「公務員の方には親切にやってもらって当然だ」という考え方が見え隠れしているように思いましたが、確かにそのとおりではあっても、自らやるべきことをやらないで苦情を申し立てるだけでは、それは単なる「傲慢」になってしまうと思います。

投稿: まろくん | 2009/05/29 18:14

この記事へのコメントは終了しました。

« ココログに重大障害が発生 | トップページ | 障害者自立支援法 資料(5) »