書籍・雑誌

2004/08/15

“音”を見たことありますか?

oto_book.jpg

小学館から出てる、バリアフリー・ブック「耳の不自由な人の生活を知る本/“音”を見たことありますか?」っていう本があります。ご存知ですか?
体験コミックを中心とした、非常にわかりやすい内容!
特に、子どもたち(できれば、小学校低学年以上)に「耳の聴こえない人の日常生活の不便さ」を知ってもらうには、またとない教材です。
また、中途失聴になって間もない方が、家族に対して「聴こえないってのは、こういうことなんだよー」っていうことを伝えるのにも、けっこう役立つと思います。

以下のオンラインショップ(Yahoo! JAPAN/イーエスブックス)で入手できますよ。
あるいは、株式会社ワールドパイオニアのサイトでも注文できます。

http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=19849127

「4歳を迎えた甥っ子(実妹の長男)に『まろおじちゃんは耳が悪いんだ…。』っていうことをわかりやすく伝えるのに、この本を使うと良いかも…。」って、妻(しゃろおむ)と話してます。

そうそう。本には赤いシートが付いてて、コミックに描かれた擬音の部分をこのシートで隠すと、音が聴こえないことを視覚的に擬似体験できます。
日常生活は実にたくさ~んの音に囲まれてるわけですけど、このシートを使うと「聴こえないって、すごく不便なことなんだなぁ」って、あらためて気づかされます…。

| | コメント (0)

2004/07/04

身体障害認定基準及び認定要領~解釈と運用

shougai_nintei_book.gif

「新訂 身体障害認定基準及び認定要領~解釈と運用」
編集:障害者問題研究会
発行:2003年6月15日
刊行:中央法規出版
税込価格:5,775円
ISBN(書籍コード):ISBN4-8058-4475-2

身体障害者福祉法上の公的福祉サービスの利用に不可欠なのが、身体障害者手帳。
この手帳の交付は、身体障害者福祉法による基準や認定要領等に基づいていますが、その把握や解釈がむずかしいのが現状です。

ここで紹介する書籍は、身体障害者福祉法による基準や認定要領等について、その解釈と運用を中心に障害別にまとめたもので、やや専門的ではありますが、障害者にとっては稀有な参考書と言えるでしょう。

基準や認定要領等については最近かなりの改正があり、2003年4月(平成15年4月)から新しい内容が適用になっていますが、この書籍でももちろん、最新の厚生労働省通知である「身体障害者障害程度等級表の解説について」(身体障害認定基準)および「身体障害認定基準の取扱いについて」(身体障害認定要領)が反映されています。
そのほか、そしゃく機能障害、ぼうこう・直腸機能障害の認定方法については大幅な見直しがありましたが、そちらについても新しい内容を反映しています。
なお、疑義解釈については、最新の通知内容が収載されています。

【もくじ】

第1部 障害認定に関する法令・通知
 身体障害者福祉法・施行令・施行規則(抄)
第2部 障害認定事務
 第1章 総括的事項
  1 身体障害認定基準
  2 疑義解釈
 第2章 視覚障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第3章 聴覚・平衡機能障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第4章 音声・言語・そしゃく機能障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第5章 肢体不自由
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第6章 心臓機能障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第7章 じん臓機能障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第8章 呼吸器機能障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第9章 ぼうこう又は直腸機能障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第10章 小腸機能障害
  1 障害程度等級表
  2 身体障害認定基準
  3 身体障害認定要領
  4 疑義解釈
  5 障害認定事例
 第11章 ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
 付録:身体構造の生理・解剖図、体幹・四肢関節可動域の測定方法

【直接購入(オンラインショッピング)】
中央法規出版 e-books(会員登録無料)

| | コメント (0)

2004/06/16

障害年金の請求の仕方と解説

shougai_nenkin_book.gif

「障害年金の請求の仕方と解説~精神障害者・知的障害者のために」
編集:財団法人全国精神障害者家族会連合会 年金問題研究会
発行:2004年5月15日
刊行:中央法規出版
税込価格:2,940円
ISBN(書籍コード):ISBN4-8058-2440-9

障害年金(障害基礎年金や障害厚生年金)は障害者にとっての経済基盤で、いわば「生活の支え」になっています。
しかし、障害年金制度は非常に複雑でわかりにくく、受給申請手続(裁定請求)の途中で挫折してしまったり、受給要件を見誤ってしまいがちになります。
そのため、せっかくの制度がありながら、所得保障として十分に活用されていないことも多くなっています。

ここで紹介する書籍は今年の春に刊行されたばかりで、最新の法令などに則って、複雑でわかりにくい障害年金制度に対する基本的な知識を身につけることができます。
手続きの実際が順を追って示されているので、その面でも安心です。
そのほか、医師やソーシャルワーカー(PSW・精神保健福祉士)・社会保険労務士が実務を進めてゆく上でも、非常にわかりやすい内容になっています。
なお、書籍の副題は「精神障害者・知的障害者のために」となっていますが、精神障害者・知的障害者以外の障害者にとってもたいへん役に立つ内容ですから、その点を特に申し添えておきたいと思います。

【もくじ】

第1部 障害年金の請求の仕方
 序章 障害年金の援助の仕方
 第1章 年金制度の歴史と基礎年金の仕組み
 第2章 障害年金を受ける条件と「加入要件」
 第3章 初診日と初診証明のとり方
 第4章 保険料の「納付要件」と期間の計算
 第5章 保険料免除・学生納付特例制度
 第6章 「障害状態要件」と障害認定の方法
 第7章 精神障害の障害認定基準(平成14年改正)
 第8章 受給要件、請求手続からみた障害年金の分類
 第9章 診断書の用意の仕方
 第10章 裁定請求書と病歴・就労状況等申立書の書き方
 第11章 障害年金額と支給の開始
 第12章 障害程度の変更と年金額の改定
 第13章 併給調整などの給付の調整
 第14章 現況届・支給停止・失権・時効
 第15章 裁定請求・年金の支払月など
 第16章 手続きをする窓口と手続きに必要な書類
 第17章 不服申立てについて
 第18章 事例でみる不服申立て
 第19章 ここが知りたい!Q&A
 補章 知的障害者への年金請求の援助の仕方
第2部 診断書を作成する精神科医のみなさんへ
 第1章 障害の程度と認定基準
 第2章 診断書の書き方と障害年金の問題点
 第3章 傷病名別診断書の記入例
第3部 障害認定基準とその問題点
 第1章 平成14年の障害年金認定基準改正
 第2章 障害認定基準と「障害」概念
巻末資料
 資料1 障害等級表
 資料2 国民年金障害等級の認定指針
 資料3 受給要件一覧表
 資料4 病歴・就労状況等申立書(記入例)
 資料5 国民年金障害基礎年金裁定請求書
 資料6 国民年金・厚生年金保険・船員保険障害給付裁定請求書

【直接購入(オンラインショッピング)】
中央法規出版 e-books(会員登録無料)

| | コメント (0)

2004/06/03

自閉症とともに生きる

日本評論社から出ている季刊雑誌「そだちの科学」をご存知でしょうか?

長い歴史のある、日本評論社の隔月刊雑誌「こころの科学」の姉妹雑誌として、昨年(2003年)の9月18日に創刊されました。
子どもの発達や心の問題を取り上げた専門雑誌です。
どちらかと言えばかなり「専門家向け」で、正直言って、一般の方には難解なところがありますが、子どもの発達や心の問題を考えてみたい方には、またとない雑誌だと思います。

創刊号(2003年9月18日発行)の特集は「自閉症とともに生きる」
内容は、以下のとおり。
6月3日現在、まだ在庫がありますので、日本評論社のサイトから注文して取り寄せることができます。


●「そだちの科学」創刊号

編集人 … 滝川一廣、小林隆児、杉山登志郎、青木省三
特集 … 自閉症とともに生きる

1 発達をどう考えるか
・精神発達とは何か/滝川一廣
・発達を「個」からみる、「関係」からみる/鯨岡 峻

2 自閉症治療・療育研究の最前線
・自閉症の治療・療育最前線/十一元三
・乳幼児期の自閉症療育の基本/高橋 脩
・自閉症の言語認知発達/小林隆児
・自閉症にみられる精神医学的諸問題/杉山登志郎

3 自閉症児の療育
・心理臨床の立場から/村瀬嘉代子
・TEACCHプログラムから/佐々木正美
・認知発達プログラムから/太田昌孝
・行動療法の立場から/高田博行
・母子関係発達支援の立場から/財部盛久
・自閉症の入院治療/黒川新二

4 ともに育つということ
・保育(児童通園施設)現場から/岩崎隆彦
・NPOの立場から/辻井正次
・福祉現場の立場から/斉藤理歩
・子どもと母親の育ち合い/井上理枝
・「生きる力」を育てるために/深見 憲

5 自閉症児の「そだち」に付き合う
石井高明/中根 晃/村田豊久/若林慎一郎/山崎晃資

ブックガイド:自閉症を読む

連載:大日向雅美/山登敬之/高野久美子/梅津敦子


日本評論社
〒170-8474 東京都豊島区南大塚3-12-4
TEL:03-3987-8621/FAX:03-3987-8590
http://www.nippyo.co.jp/

| | コメント (0)